男の顔汗を止める対策グッズの上手な選び方 | おすすめの人気メンズ制汗剤

はじめてのデートで緊張して、顔汗が止まらなくなってきた。

会議やプレゼン、営業先など、ここぞ!というときなのに顔から汗が流れ出て止まらない。

そんなときのために、瞬間的に顔の汗を止める顔専用の制汗スプレーを持ち歩いていると非常に役に立ちます。

「やばい!顔から汗が出てきた」と思ったときに席を立ち、トイレで汗をふいた後にシュッとひと吹き。

そうすることで、スプレーの有効成分が汗の出る汗腺をふさいでくれて、顔汗が流れ出なくなります。

顔専用制汗スプレー
「トリムクール」

たとえば、医薬部外品のトリムクールは、コンビニやドラッグストアで売られている市販の制汗スプレーと違って、顔専用に開発されているので、安心して使えます。

ちなみに、制汗スプレーで人気のある、ギャッツビーのデオドラントスプレーや資生堂のエージーデオ24などは、わきの汗やニオイ用に作られているので「顔や粘膜には使わないでください」という注意書きがあり、顔に使うことはできません。

なぜなら、ワキの汗の臭いを抑える殺菌成分が顔には刺激が強すぎて、肌トラブルを起こす原因となるからです。

その点、トリムクールは敏感肌の人でも使えるように無添加低刺激にこだわって作られているので、安心して顔にも使うことができるのです。

今回は、先ほど紹介したトリムクールのようなおすすめの顔汗を止めるグッズを、他にもいくつか紹介していきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

男の顔汗対策グッズを選ぶ前に知っておきたいこと

男の顔汗対策グッズにはさまざまな種類があり、いろんなメーカーやブランドが商品を出しているので、いざ選ぼうと思っても迷う方は多いと思います。

そこでまずはじめに、顔汗対策グッズを選ぶときに事前に知っておいたほうがよいこと選び方のコツを、いくつか紹介いたします。

汗拭きシートの使いすぎには注意

顔汗対策グッズとして、真っ先に思いつくのが汗拭きシート

顔にも使える全身用汗拭きシートでサッとひとふき、メントール成分によるひんやり爽快感が好きだという方もおおいことでしょう。

しかし、毎日何度も何度も汗拭きシートを顔に使っていると、肌の水分量を保つために本来必要な皮脂まで落としすぎてしまい、それが皮脂の過剰分泌を引き起こし、顔がテカりやすくなってしまうことも。

汗拭きシートの使いすぎには注意しましょう。

即効性を求めるなら顔用制汗スプレーかクリーム

顔汗対策グッズを選ぶとき、すぐに汗を止めてくれるものを選ぶのか、それとも長期的な視点で汗をかきにくい体質に改善するのか、2つのアプローチがあります。

顔専用制汗スプレー
「トリムクール」
医薬部外品

冒頭でも紹介した「トリムクール」という制汗スプレーは、シュっと吹き付けるだけで顔汗・脇汗・手汗を抑えることができる薬用制汗スプレーですが、即効性を求めるならこういったものを選ぶとよいでしょう。

汗を抑える機能を持つフェノールスルホン酸亜鉛殺菌や消臭機能を持つシメン-5-オール、カキタンニン皮脂の分泌を抑制し肌を引き締めるワレモコウエキス、10-ヒドロキシデカン酸BG、ノバラエキス、アーティチョークエキスなどが配合されており、医薬部外品として販売されているので顔に使っても安心です。

医薬部外品とは

医薬部外品(いやくぶがいひん)とは、日本の薬事法に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものがこれに含まれます。

顔用制汗クリーム
「サラフェプラス」
医薬部外品

先ほどの「トリムクール」はスプレータイプでしたが、こちらはクリームタイプの顔用制汗剤「サラフェプラス」です。

サラフェプラスは、朝塗って手軽に顔汗対策ができる薬用制汗クリーム。トリムクールと同じく医薬部外品なので顔に塗っても安心です。

サラフェプラスには汗を抑える作用のある「フェノールスルホン酸亜鉛」の他に、ナノセラミドなどの肌のバランスを整える成分や美容成分が数多く配合されているので、女性向けの商品というイメージがありますが、男性の愛用者も多く、シリーズ販売実績100万個以上の大ヒット商品となっています。

サラフェプラスの配合成分
フェノールスルホン酸亜鉛、シメン-5 オール、シャクヤクエキス、ワレモコウエキス、大豆エキス、茶エキス-1、オウゴンエキス、ユキノシタエキス、タイムエキス-1、エイジツエキス、ε-アミノカプロン酸、サクラ葉抽出液、牡丹エキス、水添大豆リン脂質、スフィンゴ糖脂質、濃グリセリン、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジメチコン、架橋型ジメチコン、シクロペンタシロキサン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、イソノナン酸イソトリデシル、グリチルレチン酸ステアリル、ビタミンCテトライソパルミテート、塩化Na、クエン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール、BG、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、メントール、香料

顔汗対策を内側からサポートするサプリも

即効性はありませんが、顔汗の悩みをカラダの内側からサポートするサプリメントも販売されています。

汗をかきやすい原因のひとつとして、日常のストレスや睡眠不足、食習慣などの理由による自律神経の乱れがあげられますので、それを解消するためのサプリメントをとるようにして対策を行うのも、ひとつの方法です。

男性専用 汗対策サプリメント
「アセスケア」

東証一部上場企業の株式会社 北の達人コーポレーションが発売しているサプリメント「アセスケア」には、自律的な働きをサポートする成分としてGABAL-テアニンセージなどが配合されていて、それに加え、臭い対策の成分として柿タンニンクマザサ粉末なども配合されています。

なお、GABA(ギャバ)やL-テアニンは自律神経をサポートするので、睡眠改善サプリにもよく使われる成分です。

朝・昼・夜の時間帯別にできる顔汗対策

顔汗を止めるための対策に使われるアイテムは、夜寝る前に塗っておくもの、朝出かける前に塗るものなど、使うタイミングによっても種類が分かれます。

夜寝る前におでこ(額)に塗る制汗剤

海外医療用制汗剤
「デオエースEXプラス」

たとえば、「デオエースEXプラス」という商品はポーランドで開発された海外医療用制汗剤で、夜寝る前に塗っておくことで翌日の汗を抑えられるというものです。

ロールオンタイプで、おでこ(額)ワキ背中など全身に塗って使うことができます。

正常な皮膚組織を助長するアライントン、肌の保湿を行い皮膚細胞を活性化させるパンテノール、汗腺内で角栓蓋を形成して臭いの元となる汗そのものを止める作用のあるクロルヒドロキシアルミニウムという3つの有効成分で、汗やニオイの悩みを解消します。

デオエースEXプラスの全成分
クロルヒドロキシアルミニウム、ステアレス-2、オクチルドデカノール、ステアレス-21、DPG、ミリスチン酸イソプロピル、ビサボロール、ボスウェリアセラタガム、アラントイン、パンテノール、水

夜寝る前に塗るだけで
汗を数日間抑えてくれる制汗剤
「AHCセンシティブ」

また、「AHCセンシティブ」は、スイスで製造されイギリス、ドイツなどのヨーロッパ諸国を中心に販売されている制汗剤ですが、この商品も夜寝る前に塗るだけで、次の日の汗と臭いを抑えてくれるので、その手軽さが日本でも人気を集めています。

汗を抑える作用が強いぶん、顔全体に塗るような使い方はできませんが、額(ひたい)に塗っておでこの汗を抑えたり、その他、わき、胸、首、腕、お尻、お腹、背中、手、足など全身いろんなところに使えるので便利です。

配合成分には、汗やほてりを抑え殺菌作用のあるセージ、細菌の増殖を阻害する作用のあるオールドマンズビアード、炎症を抑え消毒、殺菌作用のあるクローブといったメディカルハーブが使われています。

朝の洗顔後に塗る制汗クリーム

顔用制汗クリーム
「サラフェプラス」
医薬部外品

クリームタイプの顔用制汗剤「サラフェプラス」は、朝の洗顔後に塗ることで顔汗対策が行えます。

また、医薬部外品なので顔に塗っても安心です。

医薬部外品とは

医薬部外品(いやくぶがいひん)とは、日本の薬事法に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものがこれに含まれます。

汗を抑える作用のある「フェノールスルホン酸亜鉛」の他に、ナノセラミドなどの肌のバランスを整える成分や美容成分が数多く配合されているので、女性向けの商品というイメージがありますが、男性の愛用者も多く、シリーズ販売実績100万個以上の大ヒット商品となっています。

サラフェプラスの配合成分
フェノールスルホン酸亜鉛、シメン-5 オール、シャクヤクエキス、ワレモコウエキス、大豆エキス、茶エキス-1、オウゴンエキス、ユキノシタエキス、タイムエキス-1、エイジツエキス、ε-アミノカプロン酸、サクラ葉抽出液、牡丹エキス、水添大豆リン脂質、スフィンゴ糖脂質、濃グリセリン、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジメチコン、架橋型ジメチコン、シクロペンタシロキサン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、イソノナン酸イソトリデシル、グリチルレチン酸ステアリル、ビタミンCテトライソパルミテート、塩化Na、クエン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール、BG、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、メントール、香料

事前に顔汗をおさえる制汗クリーム
「テサランフェイスカバークリーム」

テサランフェイスカバークリーム」は、先ほど紹介したサラフェプラスと同様、医薬部外品として販売されている制汗クリームです。

過剰な汗の分泌を減らす作用のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛と、殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールの2つの成分により、汗が出るのを予防するだけでなく、外部からの雑菌もガードして臭いも抑えます。

朝の洗顔後に塗るだけで、夕方まで顔汗やテカリを抑えてくれるのと、無添加にこだわって製造されていることもあり、男女年齢肌質問わず多くの方が愛用しています。

敏感肌向けの肌にやさしい制汗クリーム

コルクルナチュルクリーム

自分は肌が敏感で、肌荒れもしやすいから顔に使う制汗剤は心配だという方におすすめなのがコルクルナチュルクリーム

「コルクルナチュルクリームは手汗・顔汗に悩む方向けに開発されたパウダークリームで、敏感肌用の化粧品によく使われる「アラントイン」や「グリチルリチン酸2K」が成分として配合されています。

わきがをケアするような消臭成分は含まれていませんが、その代わりに、サラサラ感あふれる肌にするための美容成分は豊富に含まれています。

コルクルナチュルクリームの全成分
水、シクロペンタシロキサン、(アクリル酸ブチル/ジメタクリル酸グリコール)クロスポリマー、DPG、タルク、ペンチレングリコール、ジメチコン、ジメチコンクロスポリマー、ポリメチルシルセスキオキサン、PEG‐9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、ヒアルロン酸Na、アミノカプロン酸、アラントイン、グリチルリチン酸2K、グリセリン、エーデルワイスエキス、カミツレ花エキス、シャクヤク根エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、セイヨウノコギリソウエキス、セージ葉エキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、ワイルドタイムエキス、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキス、水溶性コラーゲン、(メタクリル酸メチル/ジメタクリル酸グリコール)クロスポリマー、(ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー、塩化Na、シリカ、トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチルヘキシルジメチコン、クエン酸Na、BG、フェノキシエタノール

まとめ

今回は、男の顔汗を止める対策グッズの選び方、選ぶ前に知っておいたほうがよいこと、おすすめの顔汗を止めるグッズなどを紹介してきました。

即効で顔汗を止めたいなら「トリムクール」

体質改善したいなら「アセスケア」

というように、目的に合わせて様々な商品が販売されていますので、今回の記事を参考にしてあなたにあったアイテムを見つけていただければと思います。

顔専用制汗スプレー
「トリムクール」
医薬部外品