半身浴が体臭改善への効果が期待できる理由。体臭改善以外の効果についても

半身浴をすることで体臭を改善する効果が期待できる理由は、半身浴が汗腺機能を高めるトレーニングになり、汗がニオイにくくなるといわれているからです。

半身浴によって得られる効果は様々ですが、汗腺機能を高めるトレーニングになるということは、あまり大々的にうたわれていません。

そのため、知らない方が多いのが現状ですが、体臭に悩んでいるのであれば、改善するための手段の1つとして取り入れていくとよいでしょう。

汗が出てくる汗腺は筋肉と同じで、何もしなければどんどん衰えていきます。

汗腺の機能が衰えれば、汗と一緒にニオイを発する物質が出やすくなり、体臭の原因となるため、毎日の入浴時に半身浴を取り入れて、汗腺機能を強化していくとよいでしょう。

効果的な半身浴のやり方として、まずは43度から44度程度の熱めのお湯を半分程度湯船にため、両手両足の肘と膝までつけて、10分から15分程度、手先足先を温めます。肘と膝の下までしたお湯につけていないにも関わらず、大量の汗が吹き出してくるはずです。

手足が温まって汗が出てきたら、水を足してお湯の温度を下げます。だいたい36度ほどのぬるま湯ぐらいがちょうどいいです。

ぬるま湯には、半身浴で10分から15分程度入ります。目を閉じて、ゆったりとした気持ちになるとリラックスする効果あります。合計20分から30分程度ですが、毎日繰り返すことによって、汗腺が鍛えれれ、体臭の原因となっていたクサイ汗を改善する効果が期待できます。

半身浴に期待できる効果

ダイエット効果

半身浴をすることによって、ダイエットの効果が期待できるというのは、なんとなく知っている人も多いと思いますが、そのほとんどの人が「汗をかくことがダイエットになる」と思っています。

ですが、実際はそうではなく、半身浴をすることによって身体は少しずつ温まり、血行がよくなることで詰まったり溜まったりしている老廃物を流し出すことにつながります。

老廃物が流れ出て、たまりにくい状態にすることで、代謝がよくなりダイエットにつながる痩せやすい身体ができる効果が期待できるというのが、半身浴がダイエットにつながる理由です。

疲労回復効果

ぬるま湯で長い時間半身浴をすることで、副交感神経を優位にすることができるため、身体はリラックスして疲労が取り除かれます。

熱いお湯に入ると、交感神経が刺激されて、一気に目が覚めてしまい、眠れなくなってしまうので、夜お風呂に入っている人は、ぬるま湯での半身浴がおすすめです。

デトックス効果

身体が冷えると汗腺の機能が衰えて、脂肪や毒素などの老廃物を排出する機能が弱ってしまうのですが、今の時代、夏でも聞きすぎるぐらいの冷房がかけられているため、常に身体が冷えている人が増えています。

そんな状態になってしまっている体を、半身浴で温めることで、汗腺の機能を働かせるためにいい汗がかけるようになり、体内の老廃物を排出するデトックス効果が期待できます。

半身浴の効果を高める方法

半身浴の効果をより高めるために、食事をしたあとすぐに半身浴をするのは、ひかえましょう。

食事をすると、食べてものを消化するために、全身の血流が胃や腸に集まっているため、半身浴によって集まった血液の流れを変えてしまうと、食べてものを消化しきれずに、消化不良を起こす可能性があります。

また、お酒を飲んだあとも、血流がよくなっているため、ひかえたほうが良いでしょう。

半身浴が終わったら、しっかりと水分を補給するようにしてください。半身浴によって失われた水分をすぐに補給することで、更に代謝をうながすことができます。